抜けた歯を補いたい【インプラント】

咬むことを実感できるインプラント治療について

咬むことを実感できるインプラント治療について

虫歯や歯周病、または事故などで歯を失ってしまうことがあります。そのまま放っておくと、見た目にもよくありませんし、お口の中のバランスがくずれ残っている歯にも悪影響を与えてしまいますので、なるべく早く人工歯で補う必要があります。これまで歯を失ってしまったときにはブリッジ治療や入れ歯治療をしていましたが、最近ではインプラント治療を受ける方も増えています。

インプラント治療ってどういう治療?

インプラント治療ってどういう治療?

「インプラント」と呼ばれるチタン製の人工歯根を、簡単な外科手術によって歯があった部分の顎の骨に埋め込み、その上にセラミック製の人工歯根を取り付ける治療のことです。天然歯に近いキレイな見た目と自分の歯のような咬み心地が得られるようになる治療法といえます。

インプラント治療にはどんなメリットがあるの?

インプラント治療にはどんなメリットがあるの?

治療をしたことに気付かれないような自然でキレイな見た目になるだけでなく、自分の歯のような感覚で咬めることが大きなメリットです。従来の失った歯を補う方法のひとつ、「ブリッジ治療」では、となりの健康な歯を削って支台として橋(ブリッジ)のように連結した人工歯を装着します。そのため、健康な歯に負荷をかけてしまうことになるというデメリットがあります。インプラント治療なら、まわりの歯を傷付けることはありません。1本から治療可能です。

もうひとつの治療法である「入れ歯治療」の場合は、お口の中にある程度の大きさの入れ歯を装着するのでどうしても違和感が生じます。残っている歯がある場合は、その歯にバネ(クラスプ)を引っかけて固定するので、少なからず負担がかかってしまいます。また入れ歯の場合は、歯を失った部分の顎の骨は痩せてしまう傾向がありますが、インプラント治療なら生体親和性の高いチタン製の人工歯根を埋めることによって顎の骨の形体も比較的維持されます。

小林歯科医院で採用しているインプラントの特徴

ストローマン
ストローマン

世界の2大ブランドのひとつがスイスに本社のあるストローマンです。世界中で使用症例が多く豊富なエビデンス(科学的根拠)に裏付けられた信頼性の高いインプラントシステムです。インプラントの表面形状の特徴により、よりよい骨との結合が期待できます。

症例に応じて、1回法の手術を基本としている軟組織マネジメントが組み込まれた「ティッシュレベルインプラント」または、2回法の手術を基本とした「ボーンレベルインプラント」を選択しています。

アンキロス
アンキロス 2回法の手術をする、骨の中に深めに埋め込むタイプのインプラントです。インプラント本体と上部構造物(アバットメント)との接合部分に特徴があり、骨が吸収されることを防ぐことによって、前歯のように骨が吸収してしまうと困るような部位への使用にも適しています。

小林歯科医院のインプラント治療設備について

マイオモニター
手術をする際に、血圧、心拍数、酸素飽和度をモニタリングし、全身の管理をすることができる装置です。心電図も測れますので、安心してインプラント手術を受けていただけます。 バイオモニター
インプラント オペレーション室
インプラント埋入手術を行うオペレーション室です。衛生管理を徹底し、ほかの部屋とは隔離された手術室では、インプラント治療のほかにも外科手術も行います。 インプラント オペレーション室

小林歯科医院のインプラント治療の特徴について

当院のインプラント治療は経験豊富なスペシャリストが担当します。これまでにも多くの難症例に対応し、安心して治療を受けていただくことが可能です。「骨が足りないので」と断られてしまったような症例でも、骨の移植や骨造成など歯周病治療にも通じる処置を行うことで、インプラント治療が可能になることもありますので、インプラント治療をお考えの方はまずはご相談ください。

インプラント治療は被せものを入れて終わりではありません

インプラントを長持ちさせるには適切なホームケアと歯科医院での定期的なメインテナンスが必要です。ケアをしないと歯周病と似た「インプラント周囲炎」にかかることがあり、放っておくとインプラントが抜け落ちてしまうことにもつながります。せっかく治療したインプラントまで失ってしまうことがないようにしっかりケアをしましょう。

先生からのメッセージ
当院の最大の特徴は、それぞれの分野の専門の歯科医師が治療を行うことです。
難症例でも幅広くインプラント処置に対応することが可能です。
インプラント治療は患者さんのお口の状態によりその治療期間が異なります。そしていくつかのステップを経て治療が完了しますので、次のステップに進むタイミングを見極めることも大切です。当院では十分な治癒期間を見極めたうえ最終的な被せものを入れるようにしております。