健康な歯ぐきを取り戻すために【歯周病】

小林歯科医院の歯周病治療について

小林歯科医院の歯周病治療について

歯ぐきから血が出る」「歯がグラグラする」それは歯周病のサインかもしれません。歯周病はプラーク(歯垢)に含まれる歯周病菌が原因となって起こる感染症で、歯ぐきの炎症から始まり、進行すると歯を支える顎の骨などを溶かしてしまい、歯を失うことにつながる怖い病気です。日本人の成人の8割が歯周病にかかっている、または歯周病予備軍といわれているほど蔓延している病気なのです。歯周病は10代から発症してきます。できるだけ早く検査をして慢性化させないことが重要です。

歯周病の原因はなに?

直接の原因は歯周病菌といえますが、その歯周病を引き起こしたり悪化させたりするさまざまなリスクファクターがあります。こちらではそのリスクファクターを口腔内環境と生活習慣に分けてご説明します。

歯周病のリスクファクターとなる口腔内環境
歯石 歯並び 不適合の被せもの クセ
プラークが固まって歯石になってしまうとその上にプラークが付きやすく、炎症などを悪化させる恐れがあります 歯並びが悪く歯ブラシが届きにくい部分があるとプラークが付着しやすくなります 歯に合わない被せものがあると、そのまわりにプラークが溜まりやすくなります 口呼吸 歯ぎしり
「口呼吸」は、口の中が乾燥し、プラークが付着しやすくなるうえ、歯ぐきの抵抗力も低下します 「歯ぎしり」は、歯やそのまわりの歯周組織に負担をかけ、炎症を起こしやすくなります
歯周病のリスクファクターとなる生活習慣
  • 糖尿病
  • 糖尿病
  • 食生活
  • 食生活
  • 喫煙
  • 喫煙
  • ストレス
  • ストレス
糖尿病は、細菌感染への抵抗力を低下させるので、歯周病を悪化しやすい状態にします。 食事が不規則だったり栄養に偏りがあったり、甘いもの・柔らかいものなどは歯周病を悪化させる原因になります。 喫煙は、血管を収縮させ歯ぐきの血行が悪くなり、歯周病に対する抵抗力が低下し、症状も悪化しやすくなります ストレスは、身体の抵抗力が低下し、歯周病も悪化しやすい状態になります

小林歯科医院の歯周病の治療法

精密検査に基づいた治療計画の作成
精密検査に基づいた治療計画の作成 歯周病検査のデータを分析し、患者さん一人ひとりのお口の状況に合わせて治療計画を作成します。ケアプランや治療計画について丁寧にわかりやすくご説明し、計画に沿って治療を進めていきます。
スケーリング
プラークが唾液に含まれるカルシウムなどによって石灰化した歯石を「スケーラー」という器具で除去する処置です。
スケーリング
ルートプレーニング
ルートプレーニング スケーリングでは落としきれない歯石を専用の器具で取り除きます。粗くなった歯の表面を滑らかに仕上げることでプラークの再付着を防ぎます。
歯周外科
歯周外科 歯周ポケットの奥深くに溜まったプラークや歯石を除去するため、局所麻酔後、歯ぐきを開いて目視化で歯石を除去することによって歯根表面をなめらかにします。最後に歯ぐきを縫合する治療です。
歯周再生治療

歯周再生治療

GTR法
歯ぐきを開き根面を滑らかにしたあと、特殊な膜「メンブレン」を挿入して歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン法
歯周病の感染部分の切除後、「エムドゲインゲル」という「歯周組織再生誘導材料」を根面に塗布し、歯肉を縫合します。
近年では歯周組織再生療法として多く行われている治療の1つです。

GEM21
さらに近年ではGEM21という歯周組織再生誘導剤を使用することによって良好な予後が期待できるため欧米でも多く使われてきている材料の1つです。

歯周再生療法の適応症
残念ながら歯周再生治療を行ってもすべての歯を残せるわけではありません。まずは診査診断をしてから詳しい話をいたします。
先生からのアドバイス
歯周病は、ひどくなるまで自覚症状がないまま進行し自然に治らない感染症です。治療せずに放置するとやがては歯が抜け落ちてしまうことにつながります。そのため早期発見・早期治療が大切です。定期検診を受けお口の中をチェックしてもらい、歯周病の治療や予防をしましょう。