定期的に検査メインテナンスを受けたい【定期健診・メインテナンス】

予防することも歯医者の役目です

予防することも歯医者の役目です

歯を失うことにつながる歯周病虫歯などのお口のトラブルは、その原因がはっきりしています。そのため毎日の適切なブラッシングなどによるセルフケアと歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアによりこれらを予防することが可能です。病気を未然に防げば、お口の健康を長く守ることができるのです。

予防はなぜ必要なのでしょうか?

予防はなぜ必要なのでしょうか?

今まで歯科医院に行くのは「歯が痛くなってから」だったのではないでしょうか? つまり歯科医院は治療のために行く場所だったわけです。でも最近では病気を未然に防ぐ「予防」のために行く方が増えてきています。

歯は治療しても元に戻ることはありません。悪い所を削って、詰めものや被せもので補うので、治療を重ねると歯へのダメージも重なってしまいます。治療には身体的・経済的負担がかかるものです。そして一度病気にかかってしまうと再発しやすいので、しっかりメインテナンスすることが大切になります。歯の健康を保つためには、「治療」よりも「予防」が効果的なのです。

小林歯科医院の予防歯科の取り組み

小林歯科医院の予防歯科の取り組み

患者さん一人ひとりを専任の歯科衛生士が担当し、お口の健康を守るお手伝いをしています。お子さんの場合は、健全な永久歯が生えそろうように促したり、健康意識を高めたりするためのサポートをします。

また成人の方には、虫歯や歯周病の両面の予防を考慮したプログラムを立案。ほかにも唾液検査や口腔内粘膜のチェック、ポリープやがんの早期発見のための診査も行っています。

歯のトラブルをできるかぎり抑制する

フッ素塗布
フッ素には歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果があるといわれています。そのフッ素を歯の表面に塗布する処置です。毎日のブラッシングによるケアと併用することで虫歯になりにくくなります。 フッ素塗布
ブラッシング指導
毎日のブラッシングは効果的に行う必要があります。患者さんのお口の状態に合わせて、歯ブラシの届きにくい部分やみがきグセなどをお伝えし、歯ブラシの持ち方や動かし方などを指導します。 ブラッシング指導

歯の自動修復?再石灰化について

歯の自動修復?再石灰化について

お口の中は、つねに「脱灰(だっかい)」と「再石灰化」をくり返しています。「脱灰」とは、食後などにお口の中が酸性に傾くことにより歯のカルシウム分などが溶け出すことで、「再石灰化」とは、唾液の中和作用により脱灰により溶かし出されたカルシウム分が再吸収され歯に戻ることをいいます。

この脱灰と再石灰化のバランスがくずれると虫歯になってしまうので、歯の再石灰化を促すことが虫歯予防の重要なカギなのです。当院では、ごく初期の虫歯の場合はこの再石灰化を促す治療を行っています。

先生からのメッセージ
お口の健康を長く保つためには予防がとても大切です。治療が終わったあとは、メインテナンスをしましょう。また、少しでもお口に違和感がある場合はお早めにご相談ください。たとえ虫歯や歯周病にかかってしまっても早期発見・早期治療につながりますので、歯へのダメージも少なくて済みます。予防歯科を積極的に活用し、お口の健康を守りましょう。